ブランド品のお手入れ:閑話休題

さて、今回は閑話休題、今も使っているバッグのお手入れや、長く使っていない物でも自宅で出来るメンテナンス講座?です(笑長く仕舞い込んでいる物って、飽きた物なんで愛着はありませんし、結構状態も悪くなっているケースも多いんですって。

だから、思い出した様にこんな事してます(笑

定期的にチェックしておけばいざ売る時にも綺麗な状態なんで、ちょっとでも高く売りたい人はやっておく方が良いんですって!

 

ブランド品の買取店のいつもの(マテ)お兄さんに色々教えて貰ったんで、復習の意味も兼ねてここに書いておきます。

自分の頭の中のハードディスクに置いてたら、スグ忘れちゃうので!(汗汗

まずはヴィトンのモノグラムの様な合成皮革のバッグから。

古いグッチも同じ様な感じでしたっけ、本革じゃないバッグだったら表面は、中性洗剤をかなり薄めた溶液で拭いてあげて、乾拭き!!

ここで注意する事はヴィトンだったらハンドルの部分とかに使っている革の部分は濡らしちゃダメなんですって!

ハンドルの黒ずみとか、水がとんだ跡は残っているヴィトンのバッグ見た事ありませんか?

見ずに濡らして長時間放置したら川が水を含んで変色しちゃうんですって。

ヴィトンから言わせれば、それは愛着を持って使い込んだからこそ出てくる『味』だ、そうです・・・

まだら模様に味の出たバッグとか使えるかーーーーーーーーーーい!とは、言えませんので、そうなる前に対処しときましょ。

もうすでに出ちゃった物はどうしようも無いようです・・・

 

まだ『味(汗)』が出ていない物は革に使える撥水スプレーが効果がある様ですよ。

でも、吹き付けすぎは禁物です!

勿論100%水を弾く訳じゃありませんから過信は禁物ですし、ヴィトンのヌメ革って革靴みたいな『なめし方』じゃないので水をかぶる様な雨じゃ対処のしようがありませんけど、多少の予防策って、感じで行っておけば良いんですって。

 

次は、バッグの中を見てみましょう!

どうですか?隅の方にホコリとか溜まってたり、内側のポケットに、どこで貰ったのかすら分らないレシートとかポイントカード入ってませんか?あ、私だけですか、そうですか・・・チクショー(泣

 

レシート等は捨てましょうね・・・

ホコリは掃除機等で吸っちゃって、一度天日には晒さないような場所で空気の入れ替えをしましょう!

ホコリが空気中の余分な水分を含んで、バッグの中でそれを放置してると空気の対流が起きずカビの元になるので!

母親のバッグで良くある(ないですか?)『カビ臭い』バッグは、これが原因になってるみたいですよ!

皆さんも注意です!!

 

この流れで次は緑色の錆みたいな『緑青(ロクショウ)』です。

そのまんま緑の錆と書いて、うっかり子供が口に入れちゃったりすると、もうパニック起こしちゃうくらい、すっごい体に悪そうでな色なんですけど、実は食べても死にません(笑

 

ブロンズ像やアメリカの自由の女神が青緑色しているのって緑青が原因らしく、実は内部の金属を保護する役目を果たしてるんですって!!

調べると塩素や元素がどうとか書いてたんで、詳しく説明すると頭がパニックになりそうなんで止めときます!

で、この緑青は普通に拭き取るだけで取れます!

布で拭くと布にも付くし、伸びちゃうので、爪楊枝とかでコリコリやって、後はご家庭にある万能兵器のティッシュペーパーの出番です!

 

最後に一番の重大なダメージ内部やポケットに出る「ベタベタ」なんですが、これはもう諦めるしかない様ですね・・・

『加水分解』というものらしいのですが、詳しく説明するとさっきと同じで頭が・・・なんで止めときます!!

気になる人はウィキペディアまで!

これが出ちゃうと生地の張替えるしか、対処方法は無くて、大掛かりな修理になっちゃうんで、かなりお金が掛かるみたいです。

お手入れしてちょっとでも高く売ろうなんて事が出来ないくらいの最悪の状態です。

安くても買取ってくれるだけでラッキー程度で思っておいた方が良いです。

 

良くなる劣化はこのくらいだと思うので、何かの参考にしてくれれば幸いです m(_ _)m