ブランドの洋服の買取はどうだ!!(もうヤケクソ 笑

今回はブランドの洋服・衣類の買取についてです。

今回も結果から言うと・・・(泣)でした。

 

服ってその時その時で流行のデザインや柄とかあるじゃないですか・・・

私の持って行った物は

・エルメスのシャツ(スカーフの柄)とスカーフ

・カルティエのスカーフ

・フェンディのジャケット(レオパード柄)

・エトロのシャツ(ペイズリー柄)

・グッチのジャケット

・セリーヌのブラウス

その他、諸々諸々・・・

だったんですけど、大半が90年代の頃に流行った物だったので、それはそれは悲しくなるくらいの金額でしたよ、はい・・・

お店の人が言うには、流行やデザインによって値段が変わるので、90年代のデザインだと今は流石に需要が無いそうです。

と、言うか自分でも分かってはいたんですけどね。

だって、自分は着れない様な古いデザインなのに、他の人が着る訳ないですもんね。

スカーフとかもその年その年でコンセプトに沿ったデザインの物がたくさん発表されているので、買った時から何年も経ってたら新しいデザインもよりたくさんありますもんね。

しかもやっぱり新しいデザインから売れて行くのは当然で、90年代のデザインは安くしても売れないみたいです・・・

後、洋服はサイズが限定されているので、バッグやお財布等に比べ、余計需要が限られるので、売りにくいとの事でした。

しかも洋服ですし、買う側にとっては、見ず知らずの他人の肌が触れていた物ですもんね。

安くしてやっと・・・って、感じですよね。

わがままな意見ですけど、私も買わないと思います。

 

言われて納得なんですけど、中々割り切れないもんですよね・・・

でも、貴金属の時計やジュエリー等と違って、布なんで劣化もしますし、捨てるくらいなら売っちゃった方が賢明ですよね。

この記事を書きながら自分を言い聞かせています(笑